コロナ対策 AI搭載ハイスピード顔認証検温機 BS-1

BS-1 の特徴

1)  人の顔と認識してから、わずか 0.2 秒で検温

2) マスクの有無もチェックできる

スクリーンショット 2020-08-06 14.31.41.png

3) 高熱の場合はアラートで知らせる (基準温度は 37°C~0.1°C刻みで設定可能)

4) 検温記録がデバイスに残るので、濃厚接触者などの追跡が可能。

(検温時の写真、体温、日時がリスト化されます。)

スクリーンショット 2020-08-06 15.41.02.png

5) 2万人までの顔認証登録。

6)web システムのアカウントと連携することができ、

パソコンでも検温記録が管理できる。

(※ パソコンと BS-1 デバイスがインターネット環境にあることが必要。)

スクリーンショット 2020-08-06 16.44.41.png

7) 各入口、また各営業所など離れた場所にある BS-1 デバイスの検温記録が、1つの web システムアカ ウントで一元管理ができる。

(※ すべての BS-1 デバイスを1つのアカウントに連携する必要あり)

8) 顔認証登録で、社員の勤怠シフトを事前登録しておくことで、

検温した時間により「遅刻」、「早退」「残 業」を識別し、データ化する。

(1か月間の月次集計をエクセルファイルで出すことも可能。)

スクリーンショット 2020-08-06 16.51.27.png

9) 自動ドアやオートロックとの連携が可能。

   (有料オプションになります。)

1) ほぼ無人でオペレーションが可能。

2) コロナ禍が終息しても、顔認証の入室管理システムとして使用できる。

3) 検温記録が残るので、

   「感染疑いのある人の追跡」

   「濃厚接触者の追跡」

   「感染者が来たことが疑われても、

     熱が無かったから入室させたという証明ができる」

BS-1​パンフレット

BS-1​特徴

BS-1​設定マニュアル

BS-1​システムマニュアル